読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざっちゃブログ

このブログはデュアルショック非対応だよ

筋肉留学0日目

涙の別れと共に空港に着いたぼくは、過酷な留学事情を目の当たりにするのであった

1650に着いてから1950に離陸するまでの三時間、誰とも一言も話さなかった
その癖最年長というただそれだけの理由でリーダーという名の点呼係を押し付けられた
ただただ死にたかった

グループは全13人中4+7+2人の三グループで別れていた
4は同じ学科の仲間だったらしく、最初から固まっていた
7はその場でできたグループ、そして2だが、これは二人グループではなく、残った余りのぼっち二人、という意味だ
そう、オレは空港で孤立している、あえてね

だが飛行機に乗ってたまたま隣になった金髪ウェイ系男子と話をしたら状況一変意気投合
互いのおたく趣味やサッカー趣味が共通していたことや、旅のスタンスやらがやたらと似ていたことで結構楽しく長く話した
ちなみに金ウェイくんは神楽坂の二部生らしいから会おうと思えば会える

で、金ウェイくんに「なんでずっと一人だったの?」って言われてオレがどういう返答したのか君たちは想像とかできるわけ?


そんな感じで0日目は終わった