ざっちゃブログ

このブログはデュアルショック非対応だよ

『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』観てきたの〜〜〜♡♡♡

 

こんにちはまめです(まωめ)

 

昨日『映画プリキュア 春のカーニバル♪』を観て来たのだ〜♡♡♡

f:id:zattyaEX:20150321181635j:plain

 

プリキュアオールスターズ第7作目は40人のプリキュアが歌って踊るカーニバル。

私はオールスターズは前回の『NewStage3永遠のともだち』しか観てないのですが、新参者でも十分に楽しめ更に歴代のプリキュアシリーズを早く全部網羅したいという欲望に駆られる作品でした。

 

 

GO!プリンセスプリキュアの春野はるか(キュアフローラ)は、人前で歌うことに自信が持てず学校の歌のテストに不安でいっぱい…そんな時、空から一枚の招待状が!プリキュア達のもとに届いたのは音楽の国ハルモニアで行われるカーニバルの招待状だったの!><歌の勉強になるかも、ということで、歴代のプリキュアと共にハルモニアに向かうはるはる一行。“妖精の感謝祭”ということで各々のパートナー妖精に感謝を込めて歌とダンスを披露するプリキュアたち。でもそのカーニバルには秘密があってーーー

 

という感じ。そしてざっくりネタバレをすると、

ハルモニアは盗賊に乗っ取られていて、盗賊に正義の味方のプリキュアを倒すためにと変身アイテムを盗まれてしまいます。残されたのはGO!プリンセスプリキュアの三人。変身出来ず絶望する海藤みなみ(キュアマーメイド)と天の川きらら(キュアトゥインクル)。しかし先輩プリキュアに「歌とダンスの力を信じて!」と勇気づけられたはるはるは歌いだします。


『映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』本編ダンス公開! - YouTube

と、こんな感じ。

主題歌「イマココカラ」の出だしの歌詞、「私たちは普通の女の子 だけど何か出来ることあると思う」というのが今回のテーマかな?変身アイテムを奪われたプリキュアたちだけど、強い想いがあれば何かを動かす力がある。特別じゃなくても奇跡は起こせる。

 

あとは復活したプリキュア達が盗賊の手下たちをボッコボコにしたりしてるうちに、国の守り神が激怒、それを鎮める為にみんなの想いをひとつにしたりしてなんやかんやハッピーエンド。

 

 

カーニバルということで、本編の半分がそれぞれのプリキュアシリーズのMVという感じです。今までの映画は、悪(社会問題などを取り扱ったもの)をみんなで倒す〜的な感じでプリキュア一人一人の見せ場は主に戦闘シーンで披露されてたようですが、今回は歌の時間でしっかりそれぞれのキャラの日常生活的な見せ場がありました。というのも、登場するプリキュアは40名ですが、悲しいことに予算の都合上全キャラの声優さんが参加することは不可能らしく、台詞のないキャラがいるんですね…。

 

そんなキャラもMVの中なら!笑顔でがっつり見せ場を作ることが出来るんですね!台詞がないからね!

 

ちなみに声のあるキャラはブラック(本名陽子)、ホワイト(ゆかな)、ブルーム(樹元オリエ)、ドリーム(三瓶由布子)、ピーチ(沖佳苗)、パッション(小松由佳)、ブロッサム(水樹奈々)、マリン(水沢史絵)、メロディ(小清水亜美)、ハッピー(福圓美里)、サニー(田野アサミ)、ハート(生天目仁美)、ダイヤモンド(寿美菜子)、ラブリー(中島愛)、プリンセス(藩めぐみ)、ハニー(北川里奈)、フォーチュン(戸松遥)、フローラ(嶋村侑)、マーメイド(浅野真澄)、トゥインクル(山川響)、以上20名でした。

 

 

そして各シリーズMVと出番についての、ただの感想を言います

 

・ふたりは…定番王道、これがプリキュア!って感じでした、だけど渚とほのかの絆の強さっぷりにひかりが入り込む余地無しでした…あと、ミュー◯ックステーション風の歌の間に入るトークで、渚がひかりに話題を振って、ひかりが話そうと口をあけた瞬間にメップルが割り込んできたシーンには戦慄しました。

・S☆S…こちらも二人の相思相愛っぷりが観れました。プリオタではS☆Sが一番好きという方が結構居るのでちゃんと観たい。はるはるが咲のたぬき顔を受け継いでいるんですが二人ともかわいくて大好きです。

・5gogo…実は私がこの映画を観に行こうと決意した原因です。ココのぞが…熱かった…MVの中でも当たり前のようにいちゃいちゃし、更にトークで二人の関係性もいじられ、圧倒的ラブラブカップルっぷりを発揮してました。ナツこまもシロうらもかれミルもいちゃいちゃしてました。りんさん……

・フレッシュ…せっちゃんがイースの姿だったりと宣伝の時点で騒がれていましたがほんの一瞬でした。でもトークでほんわか話しててかわいかったです。ちなみにMVの順番はフレッシュが最初でした、ダンスといったらクローバーだから?

・ハートキャッチ…MVは各々のシーンと主にえりかがつぼみをいじめるじゃれ合うシーンが多かったです。えりかのボケキャラはオールスターでも定番となっているようです。ハートキャッチのシリーズを観てないちびっ子たちからは「なんだコイツ…?」と思われてないか心配…

・スイート…音楽といったらスイート組でもあります。MVでは他のシリーズよりプリキュア以外のキャラも一緒に踊ってくれたりしました。戦闘シーンでは敵のミサイルに吹っ飛ばされてるマリンを助けたメロディがめっちゃイケメンだった…

・スマイル…MVはキャンディのためにケーキをつくるメンバーでした、他シリーズに比べてスマイルは全員同級生で同じクラスなので団結感とキャラ立ちが濃ゆかったです。戦闘もトークもギャグ担当。

・ドキドキ…なんかその名の通り一番ドキドキきゅんきゅんさせられた…百合レベルが他シリーズより群を抜いて凄かったです。全員デキてる。戦闘も個性が強かった…ハートとダイヤモンドの夫婦感が揺るぎない…

・ハピチャ…前回のシリーズなので声優も全員参加。ラブリーの破壊思考とハニーのごはんキャラのブレなさ。 特に牢屋に捕えられた王様をみんなで手分けして探すとき、さりげなくハニーが口の周りにごはんつぶをつけて帰って来たのに一番笑いました。誠ひめ厨的にはひめと誠司が同じ画面に居たので満足です。

・プリンセス…歌に自信のないはるはるが主人公らしくてよかったです。ハピチャのメンバーとはしっかり絡みあったけど、他シリーズの人とももっと絡んでほしかったな〜。みなみさんの私服が…アレだったけどキャラが立っててお姉さんでよかった。きららちゃんももっと喋って欲しかった。

 

 

全体の感想としては、今までの戦闘シーンだけの出番よりも、今回は各シリーズのファンがみんな満足出来るような内容だったのではないでしょうか。でももう少しストーリーの内容が濃い方がもおねえさん的には面白かったかなぁ。単純な分メッセージ性は強かったけど。しかし終わってしまったシリーズのファンは年に一度のこの大きな公式供給を栄養源にして生きてると思うとなんだか清い気持ちになりますね。

恒例のミラクルライトという映画を観ているちびっこたちがプリキュアにパワーを送るサイリウムが今回は無くなっていて、ちょっと残念でした。

 

あと、盗賊がオリエンタルラジオの二人で、オドレン(CVあっちゃん)とウタエン(CV藤森)だったんですが、声優は下手っぴ初々しかったんですが、二人にもキャラソンがあって、歌詞がミュージカル風に台詞だった分フルで流れて、それがちょっとくどかったんですが、可愛くてよかったです。

プリキュアのダンスはCGのクオリティ高くて大好きなんですが、5までのガンバランスdeダンスみたいな、普通に作画で動いてるダンスもとっても可愛いので、全編ミュージカル風なプリキュア映画も見てみたいです。今後のオールスターズも歌とダンスで責めるなら現実的じゃないかなぁ?ひっそり期待してます…。