読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざっちゃブログ

このブログはデュアルショック非対応だよ

あなたのイラッとはどこから?なの〜

●(まωめ)

どうもまめです(まωめ)

 

先日、とある人がTwitterでブログの更新報告をしていたんですが、そのタイトルが気になったので、ブログを拝見してみることにしました。

 

 

タイトルは「私が昔付き合ってた男のセックスは…←死ねブス」

 

 

(まωめ)?

ちなみにそのとある人とは、友人の友人程度で、私は一方的に彼の名前と専攻くらいしか知らない大学の同級生で、ある機会に彼の映像作品を見たことがありました。

顔も広く作品もそれなりに評価されている優秀な彼が、何故こんなブログを?と思ってつい気になってクリック。

 

主な内容は、「Twitterでポエムツイートをする女が腹立たしい。特に自分のセックスや性に関するつぶやきが鼻につく。どうせ性を冷静に俯瞰出来る自分を凄いと自己陶酔しているんだろう」というもの。この内容が「ブス」「イライラする」「忌々しい女」「虫酸が走る程気持ちが悪い」など憎しみのこもった言葉でつらつらと長文で綴られている。

 

びっくりです。まず、同世代の男子が個人のブログとはいえ「ブス」などの幼稚な蔑称で感情的に他者を罵っていること。(「ブス」は本来容姿に対しての侮辱になりますが、ネット上では顔がわからない相手にも用いることが多く、私はこの場合の「ブス」は、バカ、アホ、ボケなどに並ぶ中身のない蔑称にミソジニーを強調したものだと思っています)それと一番は、そもそもポエムツイートにそんなにも腹を立てるのか?ということ。

 

ポエムツイートとは?

 こんな感じのアレです。

 

私もTwitterのタイムライン上にポエムツイートが回ってくることはありますが、その内容に対して「アハハ、かわいいな〜」くらいにしか思ったことがないので、そこまで激昂するのに違和感というか、ポエムツイートがあなたに何をしたというの…?という気持ちになりました。

他人のブログの内容に関してとやかく言うなんて大きなお世話ですが、そのとっかかりから、人がイラッとするツイートってどんな特徴があるんだろう?なんて考えてみました。普段のコミュニケーションにも関係しているかもしれません。

 

ポエムツイートに不快感を抱く人々は結構居るみたいで、調べたらこんなスレが出てきました。

cialsoku.com

確かにくさすぎてちょっと笑ってしまうけど、イラッとはしないし、恋愛キャピキャピvな女の子たちが楽しんでる姿は端から見ても微笑ましい。書いているのはほとんどが女子中高生、性の話になればせいぜい女子大生だと思うし。それをわざわざ引っ張りだして自分たちの陣地に放り込んで「うるせーブスwww」……………ひっかかるのは私だけですかね?

 

 

ここで、身近な声を集めるために、ざっちゃメンバーにもアンケートを取ってみました

ズバリ、あなたがイラッとくるのはどんなツイート?

 

えりまき氏

f:id:zattyaEX:20150415142808p:plain 

 

ゆーじゅん氏

f:id:zattyaEX:20150415143315j:plain

f:id:zattyaEX:20150415142921j:plain

f:id:zattyaEX:20150415142917j:plain

 

 

ゆきんこ氏

f:id:zattyaEX:20150415142911j:plain

f:id:zattyaEX:20150415143231j:plain

 

 

カイン氏

f:id:zattyaEX:20150415142936j:plain

 

 

神田氏

f:id:zattyaEX:20150415142555j:plain

 

背景はオードリー・ヘップバーンでお送りします。なんとなくです。

 みんな結構Twitterでイラッと経験はあるようです。出た意見を自分なりに分析してみました。

①他人の言葉にそのまま乗っかるRT

これは発言内容そのものよりも、思想の主張を他人の言葉にそのまま同調することが不快と思われるようです。先程の同級生のブログで言う「自己陶酔」として見えるのかもしれません。

②ハッシュダグや自動ツイート機能

 そんなんどうでもいいわ!というハッシュタグや、自動で呟かれる設定の定期ツイートでの仲間探しは、どのくらい有効なのかは知りませんが、該当しない人にとっては“無駄”なツイートに見えるんですね。

③真面目なツイート

楽しい話題で盛り上がってた飲み会で、政治の話や現代社会について〜なんて話をすると浮いてしまいますよね。

④嫌いな人のツイート

これに関しては嫌いな人をリムる、ミュート、ブロックなどすることを強くオススメします。

 

 

海外版でもこんな記事がまとめられているようです

rocketnews24.com

この20選がどのように決められたかは知りませんが、イラッと現象の容貌が見えて来た気がします。この20選を個人的見解のもと分類してみました。

 

【不要情報系】

3.性的なツイート

5.「RIP(安らかに眠りたまえ)【有名人の名前】」というツイート

10.ひとつの何でもない出来事に関する複数のツイート

15.旅行・休暇から帰ってきたよツイート

17.多すぎるツイート

19.簡単な事実確認ツイート

20.スポーツの試合を実況する長いツイート

 

【自己顕示系】

1.自分の成功に対する周りの驚きをバカにしているツイート
2.夜通しの集団ツイート

8.「私は有名人で、他の有名人とも友達。そして私たちは、ただただ凄い」的なツイート

 

【思想主張系】

9.刺激を受けた言葉の引用ツイート

14.唯我論的ツイート

 

【その他】

6.家族に関する個人的なツイート
7.けんか・口論ツイート

11.#Moonfruitツイート (Moonfruitとはウェブサイト作成を手伝ってくれる会社)

12.葬式に関するツイート

13.一言ツイート

16.人をからかうようなツイート

18.情報源を示さないツイート

 

ざっくり【不要情報系】【自己顕示系】【思想主張系】【その他】に分類してみた。

 確かに、なんだかイラッと来る気がする。ここで特に気になったのが分類が最も多い不要情報系ツイート。

私も以前、V系が好きな友人のアカウントをフォローしたら毎日怒濤のV系バンドマンの画像のRTがタイムラインに流れてきたので、友人のアカウントをそっとリムった経験があります。私生活についてのツイートもしていたんですが、そのツイートが自分にとって必要か不要かは、自分しか判断出来ないので、結果不要な情報もたくさん目にしてしまいます。そして自分なりの処置としてアカウントをリムりました。今はミュートが出来るようになったのでそちらを使うのが妥当だと思われます。目にしたらイラッとするしめんどくさいですが、手作業でしか出来ないというのがもどかしいですね。

しかし不要情報が目に入ると何故イラッとするのか?だってTVを見ていて、自分ににとって興味の無いCMが流れていたってそれ自体にそんなにイラッとしませんよね。

 

そこでもう一つ気になったのは、その他に分類した13.一言ツイート。↑の記事での一言ツイートに関しての文を引用します。

 

“「dying(死にそう)」、「help(助けて)」というツイートは仕方ないが、もしあなたがツイートでフォロワーを楽しませる気が毛頭ないなら、何もツイートしない方がいい。”

 

これを見てピンと来ました。Twitterを利用する中でも、その意識は人によって全然違うのではないかと。

この文章を書いた人は、「自分のツイートはフォロワーを楽しませる為にやるもの」と認識しているのだと思います。例えば芸能人の公式アカウントならば、ファンを楽しませることを目的にやっている可能性は高いかもしれませんが、みんながみんなそうではないですよね?少なくとも私は違います。私の場合で言えば「情報を得るためと、一言日記のようにその時に思ったことを呟くため」にやっています。つまり流れてくるツイートも自分のツイートも面白くなくても何も気になりません。人それぞれの認識によって、イラッとくる部分も変わってくるのかもしれません。Twitterを「自分を楽しませてくれるもの」と思っている人にとっては、自分を楽しませてくれないツイートは目障りなのでしょう。

 

人それぞれ〜と言ってはどうしようもないので、私はその大きな認識の一つに、もしかしたら、Twitterを「プライベート空間」と認識している人と「パブリック空間」と認識している人が居て、それぞれの感覚の違いがイラッと現象だけでなく様々な問題を生じさせているのではないか?と考えました。

 Twitter上でポエムツイートが回ってくるのにイラッとする現象は、タイムラインという自分だけの庭に、不要な情報という“無礼者”が勝手に入って来たと感じて起こるのかもしれません。

 

人間イラッとする時はそりゃ誰だってあります。しかしそれを紛糾する前に、一つ冷静に自分を見つめ直して欲しい。ここで重要なのは、そのイラッとする原因が、自分に向けられたものかどうか。自分に関わる事柄であるかどうか。

パブリックな公園ならば、子供達がボール遊びをしているかもしれないし、いろんな人が行き交っているのがあたりまえです。でもプライベートな自分の空間に他人がずけずけ入って来たら嫌ですよね。

Twitterのタイムラインがプライベート空間かパブリック空間かは私にはわかりません。

しかし私は、Twitterはどちらにせよ「外」であることに変わりはないと思います。プライベートな庭でも、隣の家の庭で遊んでいた子供のサッカーボールが入ってくるかもしれないし、野良猫が迷い込むかもしれない。

残念ながら、自分のタイムラインに「不要な情報」が入って来るは十分に有り得るし、それを回避するには地道に原因を取り除く(リムる・ミュート・ブロック)しか無いと思います。

 

中にはボールや野良猫ではなく、泥棒や強盗が入ってくるかもしれませんが、悪意に満ちた攻撃的なツイートは論外ですので、その場合は積極的に紛糾すべきだと思います。

 

イライラしてしまうことは、自分にとっても周りにとっても良くないことですよね。些細なことでもイライラしてしまう人は、自分が物事に対してどう認識しているのか、何故イライラしてしまうのかを考えてみると、もしかしたら解消されるかもしれませんよ〜

 

 

 

 

 

おまけ

 

イラッとアンケートで、不要情報系RTと思想主張系RTに関する話題が出たので、みんながどんな気持ちでRTをするのか、というアンケートをとってみました。

 

f:id:zattyaEX:20150417015749j:plain

f:id:zattyaEX:20150417015753j:plain

 

全員(4人ですが)に共通するのは「他者への共有」、中にはそれに加えて自分の意見を添える、という人が居ますね。

先程の意見も参考にすると、笑えるようなツイートはRTだけでも不快ではないけど、真面目なRTに関しては自分の意見を添えないと「いいこと言ってる奴に便乗してる奴」と思われてしまうようですね。

まめは思想主張系ツイートをRTするタイプなので、これからはバリバリ自分の意見も発信していこうと思いました!