読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざっちゃブログ

このブログはデュアルショック非対応だよ

最近読んだ漫画をおすすめするよって話 その1

●ゆーじゅん アニメ・漫画・ゲーム

 

 

 

こんにちは

 

ネカフェで

「カレーメニューは+100円でおいしいルーに変更できます!」

と書いてあり喜び勇んで頼んだものの

 

そもそも「+100円していないそうでもないルーを食べてないため比較できず、比較するとしたら「そうでもないルーを食べなくちゃいけないためなんか残念感があってもやもやしてるゆーじゅんです。

 

 

そんなこんなで最近よくネカフェに行っており、ちょくちょくいろんな漫画を読んでいるので、話題のもの、おもしろかったものを紹介したいと思います。

 

 

まずはこれあっちこっちで話題になってる

「ダンジョン飯」

f:id:zattyaEX:20150423004505j:plain

 

 

 

 

 

パーティがレッドドラゴンによってほぼ全滅してしまい、主人公の妹が丸呑みにされたものの消化するまで1ヶ月はかかるからそれまで急いで助けに行こう。

 

今から保存きく食料準備してる暇とかねーから魔物食って自給自足な!

という漫画です。

 

RPGでよくある「歩くキノコ」だとか「巨大コウモリ」だとか「動くヨロイ」だとかを作者さんなりに現実の生き物と照らしあわせて調理方法を書いているので妙に納得させられる説得力が楽しいです。

 

あとコメディタッチなのに

「引っこ抜いた時に出る叫び声を聞くと死ぬマンドラゴラを調達するのにポピュラーな方法は犬に引っこ抜かせる。犬は死ぬ」だとか

「みじん切りになっても蘇生魔法で生き返った例はあるけど、ウンコになったらさすがに蘇生できるかわかんないからそうなる前に助けに行こう」

だとかクセのある考察も交えてるとこがただのギャグで終わらないいいアクセントになってるなと思います

 

 

 

 

 

 

そんで次に「3月のライオン」

f:id:zattyaEX:20150423003338j:plain

そういやソロモンの記事の時もちょこっと触れましたね

 

 

史上6人目の中学生プロ棋士であり、将来を期待されてるものの、

家庭環境に闇を抱えている桐山零くんがお世話になってる川本家や周りの棋士達と触れ合い成長していく

 

 

という漫画なのですが、各エピソードで主人公以外の登場人物も一人ひとりに意思や信念があるということが伝わってきて非常に熱いです。

 

お決まりの熱い展開、王道的展開というのはむしろ少ない気がするのですが渋いかっこよさがありますね。特におっさん連中に

 

島田八段と後藤九段が超かっこいいのでおすすめです

f:id:zattyaEX:20150423010459j:plain(島田八段)

 

最初は距離をおいていたライバルである二海堂とも徐々に歳相応の友達になっていくところも読み返すとほっこりします

 

ネカフェで全巻読んだあと本屋に直行して全巻揃えました。超おすすめ

 

 

 

次は「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」

 

f:id:zattyaEX:20150423005712j:plain

 

お子様といっしょによめるほど健全極まりないざっちゃブログにエッチな画像が!!!!!!!!!!

 

ただのハーレム漫画かと思って食わず嫌いしてたんですが超おもしろかったです。

 

 

 

正直ぼく一時期大量に出た

「特になんの取り柄もない主人公がやたらモテてハーレム」っていう作品は好きじゃないんですよね

 

たいていそういう作品って、最近の読み手の趣向に合わせてなのか主人公以外の男キャラが3枚目の人畜無害の良いやつかそもそも他の男が全く存在しないかのパターンが多いじゃないですか

たぶん今「うる星やつらの面堂終太郎」ポジなんて居たら非難轟々なんじゃないでしょうか

 

そういう場合、その作品の「美少女」だとか「かわいい!」というのは主人公が女の子に好意をもったから、なのではないか・・・?

 

いやそういう「友人の評価はイマイチでもShe so cute!」というシーソーゲーム的思考は恋愛においてすっげー素敵なものだとぼくは思うのですが

 

その場合、この見習いたくないこの主人公の主観に無理やり付き合わされてるのか・・・!?

 

とか無駄なことを考えてしまうのですが

 

ノゾキアナは、主人公がヒロイン、えみるちゃんの一風変わったアプローチから半ば逃避するかのようにできた彼女といちゃこらしてる間に

ガンガン他の男がヒロインのえみるちゃんに対しちょっかいをかけてきます。

 

それに対して、無意識に、ある時は直接的に腹を立て時には介入し、そのあとで自問する主人公とか、そういうところが読んでハラハラして好きでした。

 

 

 

 

 

あっさり書こうと思ったらやっぱり長くなったのでその1はこのへんにしてそのうちその2を書こうと思います。

 

次は「ダイヤのエース」「僕のヒーローアカデミア」「源君物語」あたりを!