ざっちゃブログ

このブログはデュアルショック非対応だよ

麻雀講座⑥ イーシャンテンを極める(2)

麻雀講座6回目!!ゆけむりです。

前回は以下3種類のイーシャンテンについて取り上げました。

(1)ヘッド十分+2ターツ系

(2)くっつきイーシャンテン

(3)ヘッドレス系

 

今回は(2)くっつきイーシャンテンについて。

慣れていないと見逃しがちな、強力なイーシャンテンの形の一つです。

 

 

例1.くっつきイーシャンテン

三萬四萬五萬六萬七萬八萬二筒三筒四筒七筒二索二索五索

くっつきイーシャンテンとは、このようにヘッドと3メンツが充足している状態でのイーシャンテンの事を言います。

この状態では孤立牌を2つ抱えておく事ができ、この孤立牌の周りに牌がくっつくとテンパイとなります。

上の例では、五筒六筒七筒八筒九筒二索三索四索五索六索七索のいずれかをツモるとテンパイですね。

この形は11種40枚という非常に強力なテンパイ受け入れ枚数を持ちますが、うちリャンメンのテンパイが取れるのは六筒八筒四索六索の4種16枚のみとなります。

すなわち、基本的にはテンパイへの受け入れは非常に多い反面、40%の確率でカンチャン,シャンポン,単騎待ちの愚形テンパイとなります。

 

 

 

くっつきイーシャンテンはこのような基本的な形でもヘッド十分+2ターツ系より優秀と言えますが・・・

完全イーシャンテンはリャンメンテンパイへの受け入れが6種20枚なので、リャンメンテンパイへの受け入れだけで考えると完全イーシャンテンに劣っています。

 

 

ただし、くっつきイーシャンテンの受け入れ枚数をさらに強力にさせるお助けキャラ達がいます。

 

それが、四連形三萬四萬五萬六萬と中膨れ三萬四萬四萬五萬です。

例1の孤立牌を1つ四連形に変えて見てみましょう。

 

例2.くっつきイーシャンテンの連続系強化

三萬四萬五萬六萬七萬八萬三筒四筒五筒六筒二索二索五索

この状態だと、 

一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒二索三索四索五索六索七索の14種49枚でテンパイ

うち二筒四筒五筒七筒二索四索六索の7種24枚で良形テンパイとなります。

(さらに二筒七筒は三面張)

 

なんとリャンメンテンパイの受け入れ枚数が8枚も増えました。

6種24枚は既に完全イーシャンテンを上回る優秀さであることは間違いないでしょう。

ただし、やはり愚形テンパイのほうが確率的に上回る事には注意が必要です。

 

 

上の牌姿のうち、一筒三筒六筒八筒三索五索七索ツモで愚形テンパイとなります。

一筒八筒三索七索→カンチャン待ちテンパイ

三筒六筒五索→シャンポン待ちテンパイ

シャンポン待ちテンパイの場合、状況によってはその場でツモ切り(特に、タンヤオなどの手役が無い場合)でテンパイを拒否するのもありでしょう。

カンチャン待ちテンパイの場合、ツモ切りでテンパイを拒否すると後にフリテン目が出てきます。そのため、上の牌姿ではタンヤオの付かない一筒以外については、テンパイ拒否の選択は微妙なところです。

一筒ツモ切り後の二筒ツモに対しては、フリテンとなりますが三面張なので先制であれば基本的にリーチを打つべきです。

 

 

 

例3.くっつきイーシャンテンの中膨れ強化

三萬四萬五萬六萬七萬八萬四筒五筒五筒六筒二索二索五索

この状態だと、

三筒四筒五筒六筒七筒二索三索四索五索六索七索の11種37枚でテンパイ

うち三筒四筒六筒七筒四索六索の6種22枚でリャンメンテンパイとなります。

(さらに四筒六筒は高めイーペーコーでテンパイ)

 

中膨れの場合も6種22枚で完全イーシャンテンを上回る優秀さであると言えます。

四連形強化との大きな違いは、テンパイ枚数が少ない代わりにテンパイ枚数に対して相対的な愚形テンパイの確率が低い事とイーペーコー受けがある事です。

ただし基本的には中膨れよりも四連形のほうが受け入れ枚数の強化は強いと言って良いでしょう。

 

ちなみに計算してみると、

四連形強化→51%で愚形テンパイ

中膨れ強化→41%で愚形テンパイ

となります。

 

 

 

例4.ダブル連続形くっつきイーシャンテン

三萬四萬五萬六萬三筒四筒五筒六筒一索二索三索八索八索

この例では、

一萬二萬三萬四萬五萬六萬七萬八萬一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒八索の17種58枚でテンパイ

うち二萬四萬五萬七萬二筒四筒五筒七筒八索の9種30枚で良形テンパイとなります。

30枚の受け入れ枚数でリャンメンのリーチが打てるというのは圧倒的ですね。

この形で打点が5200点以上あれば親のリーチにイーシャンテンで突進するくらいの強さはあると思います。

ただし、一萬八萬一筒八筒でカンチャン、三萬六萬三筒六筒でシャンポンの愚形テンパイをどう捌くかはやはり問題となります。 

 

例5.ダブル中膨れくっつきイーシャンテン

四萬五萬五萬六萬四筒五筒五筒六筒二索二索六索七索八索

中膨れ二つの場合、

三萬四萬五萬六萬七萬三筒四筒五筒六筒七筒の10種32枚でテンパイ

うち三萬四萬六萬七萬三筒四筒六筒七筒の8種28枚でリャンメンテンパイとなります。

ダブル連続形の場合と比べると、ヘッド部分の二索ツモによる恩恵が無くなっている分リャンメンテンパイへの受け入れ枚数が2枚減っていますね。

しかし、裏目がなく確実にリャンメンのテンパイを取る事が出来るという意味ではダブル連続形の場合よりも優秀と言えます。

五萬五筒ツモの場合はシャンポン待ちのテンパイとなりますが、フリテンなどのリスクも無いため点数条件がない限りはツモ切りでテンパイは拒否するべきです。

 

 

例6. 7枚連続形くっつきイーシャンテン

 二萬三萬四萬五萬六萬七萬八萬三筒四筒五筒六筒二索二索

応用となりますが、7枚使いの連続形になるとさらに強力になります。

一萬二萬三萬四萬五萬六萬七萬八萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒二索の18種59枚でテンパイ

うち一萬三萬四萬六萬七萬九萬二筒四筒五筒七筒二索の11種36枚で良形テンパイとなります。

例4と比べてさらに6枚増えました。

最強レベルのイーシャンテンと言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

今回少しマニアックな内容でした。